矯正装置Correction device

装置一覧

装置詳細

床矯正

取り外しのできる装置です。主に顎の成長が完了していないお子様が対象となります。

対象年齢

主に6~12歳のお子様

メリット
  • 取り外しができるため、虫歯になりにくい
  • 歯列や顎を広げることで歯の並ぶスペースが作れる
デメリット
  • 使用時間を守れないと治療が進まない
    (使用者の自己管理となる)
  • 装置自体の操作が必要なため、保護者の方の協力が必要

筋機能装置(MFA)

歯そのものより、口周りの筋肉などに働きかけることで、歯並びを整えるための装置です。舌の癖などを治したり、口腔周囲筋の機能を正常にすることができます。

対象年齢

全年齢

メリット
  • 口腔周囲筋に働きかけるので、歯列だけでなく、機能回復もできる
  • 口腔周囲筋に働きかけるので、顔立ちが整う
デメリット
  • 使用時間を守れないと効果がない
    (使用者の自己管理となる)
  • 並行してトレーニングが必要であり、患者様や保護者の方の協力が不可欠

部分矯正

前歯だけの、部分的な矯正治療です。マウスピースを使って行うため目立ちにくく、奥歯を動かさないので、治療期間を短くすることができます。

対象年齢

成人(乳歯の無い方)

メリット
  • 素早く気になるところだけを治すことができる
デメリット
  • 対応できる症例が限られる
  • かみ合わせは治せない

ブラケット矯正
(通常矯正)

ブラケットとワイヤーを歯の表側に装着し、動かしていく矯正方法です。当院では、目立ちにくいクリアブラケットと、低い摩擦抵抗でよりスムーズに歯を移動させるセルフライゲーションブラケットの2種類を取り扱っています。

対象年齢

成人(乳歯の無い方)

メリット
  • ほとんどの症例に対応可能
  • 矯正装置の中でも汎用性が高く、他の装置との併用性も良い
デメリット
  • 違和感がある
  • 装置が少し目立つ

裏側矯正
(リンガルブラケット
矯正)

歯の裏側にブラケットを着けて歯並びを整える方法です。正面からはほとんど見えないので、審美性を損なうことなく矯正治療を行うことができます。

対象年齢

成人の方 (乳歯の無い方)

メリット
  • 目立ちにくく、審美性を損ないにくい
デメリット
  • 表側の装置より、治療に制限がある
  • 舌感(舌で触った感じ)が悪い
  • 滑舌が悪くなることがある

マウスピース矯正
(インビザライン)

透明なマウスピースを使った矯正治療です。装置自体が非常に目立ちにくく、薄いため違和感少なく治療することができます。

対象年齢

成人(乳歯の無い方)

メリット
  • 目立ちにくく、違和感が少ない
  • 取り外しが可能で、生活に支障をきたしにくい
  • 歯磨きがしやすい
デメリット
  • 症例によってはマウスピース矯正(インビザライン)だけでは対応できない場合がある
  • 歯の微小なコントロールが難しいことがある

※治療で使用するマウスピースは、国内において薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)未承認の矯正装置であるため、医薬品副作用被害救済制度の対象外となることがあります。
※「インビザライン」は米国アラインテクノロジー社製品の商標です。
当院ではアラインテクノロジージャパン社から製品の供給を受けています。
※インビザラインで利用するマウスピースの材料については、
日本の薬事認証を得たものを使用しています。
※2019年6月時点では、世界100か国以上で、
700万人を超える患者様が治療を受けています。

お問い合わせ Contact

027-381-8217 ※ 当院は自費治療専門のクリニックです

お問い合わせ