歯並びのQ&A QUESTION

小児矯正と成人矯正とでは何が違うの?

小児矯正は第一期矯正治療で全ての歯が永久歯になる前に行います。主に顎の骨や筋機能(舌やお口周りの筋肉の動き)を改善して,永久歯の並びがなるべく悪くならないように治療します。(5~12歳頃)

 

成人矯正は第二期矯正治療とも言われて,通常全ての歯が永久歯になった後に治療します。

第一期矯正治療から引き続き治療する方も少なくありません。

もちろん,成人矯正治療(第二期矯正治療)が初めての矯正治療となる方もおります。

永久歯すべてのバランスを整える治療を行うのが成人矯正治療(第二期矯正治療)なので,10代の方でも同様の治療を行えば成人矯正治療扱いとなります。



お問い合わせ Contact

027-381-8217 ※ 当院は自費治療専門のクリニックです

お問い合わせ